ひとりあるき。 NO.10「いつもいっしょ。」
このBlogはMMORPG・リネージュ兇離螢ナサーバーで活動中のエルフ・リアトリスのひとりあるき日記です。
<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | permalink | - | -
<< 血燃ゆる人。 | main | 充電。 >>

行く末に幸あれ。

ココ数日前より同盟間に不穏な空気がありました。
未来をきめる・・。
ある些細な出来事が引き金となり同盟間の関係が崩れ去ってしまい、今後の話し合いの場に同席させていただきました。

しかし・・既に話し合われており発言する余地もなく、盟主両名は既に心にきめてしまっていたようで我等の盟主もすでに次の事についての考えに移っているようでした。

個人的にはとても好きなクランで同盟で・・・
なぜこのようになってしまったのか頭の中が混乱して、また言い分を聞くにしても違和感と理由は自分でも分かりませんでしたが不快感しか残りませんでした。

このクランのために・・とこれまで協力を惜しみませんでしたが、クランや盟主様の現在の状態ではどうする事もできない。
とても悲しい気持ちになってしまい最後は黙って聞く事しかできなくなってしまいましたが・・。
私自身の力不足を感じてしまい、一つの結論に達しました。
そして・・。
再び旅へ・・・。
クランを出て再び見聞を広げる旅へでることに。

自分のお気に入りから発つ事がこれほど辛いとは思いませんでしたが・・クランはクランなりの新しい道を模索していくようです。

その後日談になってしまいますが、脱退した後チャットでみんなで話し合いをし、最後は談笑する夢を見ました。
翌日一日ブルーで、こんな気持ちになったのは初めてでした。

同盟も解散になり、そして私もクランを去る事になりましたが・・
Dさんありがとう^^
また、皆さんとの出会いがある事を祈ってます。
AngelsSong血盟の皆様、楽園の扉血盟の皆様、ありがとうございました。

それぞれの行く末に幸あれ。
Lineage尭記 | permalink | comments(5) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

- | permalink | - | -

この記事に対するコメント

些細な出来事かどうかはその人に寄って変わります。俺の中では些細ではない出来事で、この人には付いて行けないと判断したのです。
数々の無礼な言動に今でも謝罪して欲しい気持ちですが、あの人は悪いと思っていないので、言っても無駄でしょう。
そんなわけでリアさんのように同盟を好く思ってくれていた人には申し訳ないのですが、解散させてもらいました。
ところで俺もココに遊びに来てるんだから、楽園のHPにも遊びに来てくれても良いんじゃないかな〜??^^・・・来んしゃい!
最後に一言・・・
変なSS取るのヤメテクダサイ(゜口゜;;
でー | 2005/03/24 12:03 AM
実際にその場にいなかったので何ともいえない部分はありますが感情論で押し切ってる姿を見ると・・・という推測の元で書いてますが。
ほんと、一クラン員としては渦中になかった人たちにとっては災害であった事は認識しておいて欲しい気持ちはあります。誰に・・と言うのではなくてね。
で、楽園のHPって部外者も書いていいの?(笑)
書こうかと思ったんですがクラン員の談話用のような感じもあったので控えてみたんですが^^;

ちなみに最後のSSはDさん自分でネタにって言われてたのでリクエストに答えてみたんですが・・ダメ?(笑)
りあとりす | 2005/03/24 3:52 AM
まあ、同様にこちらにも譲れない部分がありますので・・・
血盟員皆が同盟血盟を気にかけれるよう、まずは自血盟をしっかりとまとめて、再出発を図りたいと思います

短い期間でしたがありがとうございました
またいつか青いチャットで話せる日を夢見ております><
白梓 | 2005/03/24 4:59 AM
楽園も同じように血盟をしっかりまとめ直して再出発ですのぉ。
ま〜白様の発言で本当に泣いていた人がいることをお忘れなく〜。。

楽園のHPは血盟員専用とは書いてないので、良いんじゃないかな?w
同盟が解散してそのまま挨拶も無しになんてのも・・・ねぇ;と俺は思う。
でー | 2005/03/24 11:35 AM
あう、最近ちょっとサボってたらそんなことになってたとは・・・
ユエリーINしてなくてごめんなさい。

血盟も同盟もやっぱり人間関係なので些細と思われることでも大きな問題になることはあります。
悪気の無い一言、というのが多い気もしますけど最後はやっぱりお互いの歩み寄りじゃないかな。
ニルヴァーナ | 2005/03/24 10:12 PM
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://liatris-line2.jugem.jp/trackback/99
この記事に対するトラックバック